初心者向け添削付き動画講座「第17回医療ライターのはじめかた」受講生募集中

選ばれる医療ライターになろう!信頼できるプロフィール写真の撮り方

医療系の記名記事を執筆すると、クライアントからプロフィール写真を要求される場合があります

基本的には、実写の写真をクライアントへ提出する場合が多いでしょう

しかし、どのように写真を撮影すれば良いか分からず、撮影に何時間もかけてしまった……なんて方もいるのではないでしょうか。

この記事では、医療ライターとして働く筆者がクライアントに提出するプロフィール写真の撮り方を解説しています。

今回お伝えするポイントを押さえると、医療ライターにふさわしい写真が撮影できますよ。

薬剤師ライター

かよこさん

ぜひ、この記事を参考に、素敵なプロフィール写真を撮影しましょう。

プロフィール写真が重要な理由

医療系の記事では、記事の信憑性を高めるために、執筆者や監修者の写真・実名を載せることが多いです。

写真で執筆者のイメージを視覚的に伝えることで、読者やクライアントに安心感や親近感を与えられるでしょう

薬剤師ライター

かよこさん

写真は人柄が伝わるように、自分の顔が写った写真を用意すると良いですね。

プロフィール写真を撮る3つの方法

プロフィール写真を撮影する方法は、以下の3つです。

  • 自分で撮影する
  • 家族や知人に依頼する
  • プロのカメラマンに依頼する
薬剤師ライター

かよこさん

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

①自分で撮影する

自分でプロフィール写真を撮影するのは、一番手っ取り早い方法です。しかし、写りにこだわるのであれば、撮影方法に工夫が必要でしょう。

自分で撮影する場合は以下のポイントを押さえると、自分でも良い写真が撮影できますよ。

  • 背景はシンプルな場所を選ぶか、明るめの背景をぼかす
  • スマートフォンで撮影する場合は、ポートレート機能*を使用する
  • 正面から撮影する
  • 他の医療ライターの写真を参考にする
  • 清潔感のある服装で撮影する
  • 人柄が伝わる表情を心がける(笑顔がおすすめ)
薬剤師ライター

かよこさん

自分で撮影する方法は、時間がない場合や自撮りに慣れている方におすすめです。

自分で自分を撮影するのは難しいと感じる方は、これからご紹介する②か③の方法が良いでしょう。

ポートレート機能*:背景をぼかし、被写体にピントを合わせる機能

②家族や知人に撮ってもらう

家族や知人に撮ってもらう方法は依頼するハードルが低く、リーズナブルに写真撮影できます

薬剤師ライター

かよこさん

家族や知人に気軽に撮影をお願いできる場合には、おすすめの方法です。

家族や知人に撮影してもらう際も、自分で撮影するときと同様に、明るめの背景・清潔感のある服装・表情といったポイントに留意してください。

イメージしていたとおりの写真が撮れるように、写真のイメージはあらかじめ伝えておくようにしましょう。

薬剤師ライター

かよこさん

写真を撮影してもらったら、その場で確認しておくと「イメージと違うから撮影し直したい」という状況にならずに済みますよ。

③プロのカメラマンに依頼する

プロのカメラマンに依頼することは費用がかかりますが、より確実に素敵なプロフィール写真を用意できます

薬剤師ライター

かよこさん

また、カメラマンと仲良くなれば、表情が柔らかくなり自然体で撮影できますよ。

以下の方法で、希望する写真を撮ってくれるカメラマンを探せます。

  • 知人のカメラマンに依頼する
  • ココナラなどのスキルシェアサービスを活用する
  • 写真館に行く
  • SNSでカメラマンを募集する

プロのカメラマンにお願いする場合も、撮りたい写真のイメージを具体的に伝えることが大切です。

写真撮影では、緊張して表情がこわばってしまう場合があります。

薬剤師ライター

かよこさん

当日に自然な表情を出すために、前日はリラックスして過ごすと良いでしょう。

素敵なプロフィール写真に必要な4つの準備

良いプロフィール写真をとるためには、入念な準備が必要です。

具体的には、以下の4つの項目を撮影前に決めておくと良いでしょう。

  • イメージ
  • 撮影場所
  • 服装・ヘアスタイル
  • ポーズ

それぞれの項目について詳しく解説していきます。

①イメージ

プロフィール写真を見た人に「どのようなイメージを与えたいのか」「どのように見られたいのか」をできるだけ具体的に整理しましょう。

たとえば、以下の項目を決めておくと、撮影したい写真のイメージが決まりやすいです。

  • 写真の目的
  • 職業
  • 自分の雰囲気(優しい、清潔感のある、知的など)

医療ライターの場合、信頼感や清潔感のあるイメージを与えたい方が多いと思います。

薬剤師ライター

かよこさん

また、自分らしさを出したい方は、周りの人に自分の雰囲気を聞いてみることもおすすめです。

②撮影場所

スタジオやカフェなど、背景がシンプルな場所を選ぶと良いでしょう

しかし、スタジオが見つからない、カフェが混雑していて撮影が難しいなどのトラブルも考えられます。

薬剤師ライター

かよこさん

撮影場所を選ぶ際は、以下の方法でレンタルスペースを探すのがおすすめです。

【レンタルスペースの探し方】
・SPACEMARKETのようなプラットフォームで探す
「〇〇(場所) 撮影 レンタルスペース」で検索する

③服装・ヘアスタイル

服装やヘアスタイルは、プロフィール写真を見た人に与えたいイメージや自分の雰囲気に合わせて選びましょう

医療ライターであれば、以下の服装もおすすめです。

  • 白衣やケーシー着用して医療従事者であることをアピール
  • 白を基調とする服装で清潔感をアピール
  • 必要に応じで小道具(聴診器や薬など)を用意する
薬剤師ライター

かよこさん

さらにこだわりたい方は、ヘアメイクをプロの方にお願いすると安心でしょう。

④ポーズ

医療系の記名記事であれば、正面を向いて顔がしっかりわかる写真が好まれます

ポーズも、見た人に与えたい雰囲気やイメージに合わせて決めると良いでしょう。

以下が医療ライターにおすすめのポーズの具体例です。

  • まっすぐに立つ
  • インタビューを受けている感じのポーズ
  • 男性の場合、腕を組み頼りになりそうな雰囲気を出す
  • 女性の場合、少し体を斜めに傾け、上半身を写してもらう
  • パソコンに向かって作業しているポーズ
薬剤師ライター

かよこさん

迷われる方は、他の医療ライターの写真を参考にポーズを決めると良いでしょう。

プロフィールで避けるべき写真

プロフィール写真では、以下のような写真は避けるようにしましょう

  • 証明写真
  • プリクラ写真
  • 実写写真を撮影した写真
  • ペットや物の写真
  • 季節感が出ている(桜・紅葉・雪の背景)写真
  • 顔が近すぎる写真
  • 被写体が小さく、表情や顔が見えづらい写真

上記のような写真は、クライアントに再提出を求められる場合があります。

薬剤師ライター

かよこさん

不安な方は、どのような写真が良いかをクライアントにヒアリングしてから写真を用意しましょう。

信頼感のあるプロフィール写真を撮ろう

プロフィール写真はいわば医療ライターの顔です。プロフィール写真にこだわると、専門家らしく見えて記事の信頼度も上がるでしょう。

今回はプロフィール写真を撮影する方法と、撮影前の準備について詳しく解説しました。

薬剤師ライター

かよこさん

大切なのは、自分にあった撮影方法を選び、事前にしっかり準備することです。

入念にリサーチや準備することで、イメージどおりのプロフィール写真を用意できるでしょう。

薬剤師ライター

かよこさん

紹介したポイントを参考に、素敵なプロフィール写真を撮影してみてくださいね。

この記事の執筆者

薬剤師ライター:谷口かよ子さん

薬局薬剤師。薬学部の6年制大学を卒業後、大手の調剤薬局に就職。様々な診療科の処方を経験しました。転職を挟み、現在も調剤薬局に勤務。枠から外れた自由な働き方を求め、ライティングの活動を開始。薬剤師の経験を活かし、「正確な情報をもとに、ためになる美容と健康を読者に届ける」をモットーに執筆活動をしています。

Twitter:かよこ@薬剤師💊×ライター🖊
note:https://note.com/kanyoko

谷口かよこさんも受講、Medi+「医療ライターのはじめかた」とは?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

メディア運営・編集

京薬卒、(株)Medited代表取締役。 医療・取材ライターや医療系介護メディアの編集長業務、キャリアスクールでの講師メンター業などを経て2020年よりオンライン動画講座「医療ライターのはじめかた」メディア「MediJump」の運営を開始。2022年より医療×Webクリエイターの交流コミュニティ「MediWebラボ」をスタート。2023年に法人化し、経済産業省JStarX起業家プログラム等に採択。「医療資格は、ずっと味方」をテーマに活動しています。